1. TOP
  2. 株 税金
  3. 株は税金対策の為に年末は売りが優勢になる?

株は税金対策の為に年末は売りが優勢になる?

 2014/08/23 株 税金
  4,842 Views

株で得た利益は大きければ大きいほど、課せられる税金も高くなります。
そのため少しでも納めなければならない税金を少なくして、得をしたいものです。

株価は1年のなかでも時期的に上下することがあります。
投資家にとって12月はいわば決算期です。12月31の時点での収入をもって株による利益が確定し、税金の額が決まります。
そのため一般に12月は大口の投資家が節税対策として含み損がある株を売ることが多いため、株価が値下がりする傾向があります。
このように12月に大量の株が売られる反動で、逆に1月になると買い注文が多くなり株価が上がりやすいといわれています。

年末は投資家にとっては、株で得た利益に課せられる税金の額が確定する時期ともいえます。
株式売買譲渡益といわれる所得税の1つです。
この税金を、少しでも小さくすることで損得が分かれてきます。
税金は本音を言えば誰でも1円でも少なくしたいと考えるものです。
そこでいわゆる含み損を抱えている株は、年末に思い切って売ってしまった方が、損失が計上されることになり利益から差し引かれ、課税対象額が少なくなります。

年末年始は、1年の間で最も長い間株の取引がお休みになります。
この場合、株は持ち越さずいったん処分した方が得策ともいわれています。市場が休暇の間は良いニュースよりも悪いニュースの方が起こる確率が高いとされているからです。
これは会社の業績以外の、自然災害の発生や海外での紛争の勃発なども含みます。
そのような事情もあって、年末は売りが優勢になるようです。

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

サラリーマン投資道場編集部

サラリーマン投資道場編集部

私たちサラリーマン投資道場編集部は
サラリーマンで30〜40代の3人チームです。

株で儲けてみたいけどなかなか始め方がわからないと言う
初心者の方にもわかりやすく情報をお届けしたいと思っております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株で損を出すと税金還付で返ってくる!?

  • 株の税金!時効はいつ?確定申告しないと税務署からの連絡が

  • 株の税金対策として経費になるものをまとめてみた

  • 2014年、株税金が元の20パーセントに引き上げ?元々は20%だった?

  • 株の副業は会社にバレる?バレない為に気をつける約束とは?

  • 株はいくらから買える?初心者が知るべき3つのポイント!