1. TOP
  2. 株 税金
  3. 株の税金対策として経費になるものをまとめてみた

株の税金対策として経費になるものをまとめてみた

 2014/08/27 株 税金
  2,350 Views

1月1日から12月31日までの間に株の取引きを行って、

20万円以上の利益を得た場合は確定申告が必要となります。
言い換えれば利益が20万円以下の場合は、確定申告は不要ということになります。

ただし年収が2000万円以下で、他に収入が無いサラリーマンの場合をいいます。

 

Sponsored Links

 

利益とは、収入から経費を差し引いたものをいいます。

そのため、多くの収入を得た場合には、経費を多く計上することで税金対策となります。
経費を差し引いた結果赤字となる場合は、確定申告は不要となります。

 

経費として計上できるものをあげてみますと、まず通信費として月々の電話代やインターネットプロバイダー費用、

それに手紙やはがき、宅配便などに要した費用があります。

文具品としては1品目10万円未満の机などの事務用品や筆記具や消耗品があります。

設備のメンテナンスのための費用として

パソコンやプリンタなどのメンテナンスおよび修理代があります。

 

Sponsored Links

 

交通費として打ち合わせや取材などに要したタクシー代や電車賃などがあります。
事務所の費用としては事務所の家賃や水道光熱費がありますが、

自宅兼用としている場合は、どれだけが課税対象分となるのか、その切り分けをしなければなりません。

資料代として必要な新聞や雑誌資料のための書籍費などがあります。

 

確定申告の時期が近づいてくるとやらなければならないことですが、

これらをすべて短期間で揃えようとするのは、とても煩わしいものです。

そのため早めに資料を揃えて計算することが大切です。

 

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

サラリーマン投資道場編集部

サラリーマン投資道場編集部

私たちサラリーマン投資道場編集部は
サラリーマンで30〜40代の3人チームです。

株で儲けてみたいけどなかなか始め方がわからないと言う
初心者の方にもわかりやすく情報をお届けしたいと思っております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株の税金対策で損切りすると安くなる!そのしくみとは?

  • 2014年、株税金が元の20パーセントに引き上げ?元々は20%だった?

  • 株売買での所得税はいくらかかるの?税金のしくみ

  • 株の税金!時効はいつ?確定申告しないと税務署からの連絡が

  • 株はいくらから買える?初心者が知るべき3つのポイント!

  • 株を保有するだけで税金はかかる?仕組みを解説!