1. TOP
  2. 株の税金控除として20万は認められてます

株の税金控除として20万は認められてます

 2014/08/27 株 税金
  613 Views

 

株を売ることで利益が出たら、とてもうれしいものです。

しかしこの利益には税金が課せられます。
そもそも株による利益に課せられる税金としては、2つがあげられます。

それは株を売却することで生じた利益に課せられる譲渡所得課税と、

配当金に課せられる配当課税です。

 

譲渡所得課税は、株の売却益に課せられる税金で、税率は20%です。
ただし、サラリーマンの場合は年間で売却益が20万円以下の場合は、

課税されないことになっています。

 

Sponsored Links

 

一般口座もしくは源泉徴収なしの特定口座では、サラリーマンの副業による収入、

つまり本業である会社からの給与収入以外のすべての収入が20万円以下であれば、

課税されませんので気にする必要はありません。

しかし20万円以上の場合は課税されることになります。

 

ここで3種類の口座の用語が出てきました。

一般口座とは、株式の売買で得た利益を自分で確定申告するための口座です。

納税のための手続きをすべて自分で行わなければならないので、面倒ではあります。

一方で特定口座とは、納税のための手間を省いてくれるというものです。

 

Sponsored Links

 

源泉徴収ありとなしのふたつの種類の特定口座があります。

源泉徴収なしの場合、証券会社が年間の株式売買の集計を行い、報告書が送られてきます。

これに基づいて確定申告をすることになります。

源泉徴収ありの場合、利益が出た時点で自動的に税金が引かれることになりますので、

確定申告もする必要が無くなり、便利な口座といえます。

ただしサラリーマンは株の売買による利益が20万円を超えれば納税の義務が発生するのですが、

源泉徴収ありの特定口座の場合は20万円以内でも自動で税金が引き落とされますから損をすることになります。

 

Sponsored Links



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

サラリーマン投資道場編集部

サラリーマン投資道場編集部

私たちサラリーマン投資道場編集部は
サラリーマンで30〜40代の3人チームです。

株で儲けてみたいけどなかなか始め方がわからないと言う
初心者の方にもわかりやすく情報をお届けしたいと思っております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株の税金対策として経費になるものをまとめてみた

  • 2014年、株税金が元の20パーセントに引き上げ?元々は20%だった?

  • 株売買での所得税はいくらかかるの?税金のしくみ

  • 株の損切りで税金が安くなる?特定口座の場合

  • 株は税金対策の為に年末は売りが優勢になる?

  • 株の税金の申告漏れが問題に!そんな時どうする?