1. TOP
  2. 株で失敗しない為には?原因から対処法を学ぶ!

株で失敗しない為には?原因から対処法を学ぶ!

 2016/02/06 株 初心者 株 売買取引 株 業績の見方
  556 Views

個人投資家の90%
株式投資でいい成績を
あげられてないそうです。

どうして失敗してしまうのか?
その辺りの分析があいまいなまま
再チャレンジしてまた失敗するという
負のスパイラルに
陥っている
のではないかと思います。

株で失敗する原因を知り
同じ過ちを避けるための
対処法をお伝えしていきます。 

 

Sponsored Links

株はルール作りがキモ!決めた事を貫く! 

株取引において
買い時を見極めるのは
難しい問題ですが
売り時に関しては
それ以上に難しいです。 

よく聞くのが
株価が上昇した後に
売却すれば
利益が出た状態なのに(含み益)

まだまだ上がる!!

と欲を出した結果
株価が下落して含み損
の状況になり失敗するケース。

かと言って含み益の状況の時に
早めに利益を確保したとしても
あとあと株価が伸びて
悔しい思いをするなんてことも
しょっちゅうです。

こういった場合どうするか?

株の売り時は
誰も予測できないので
自分なりのルールを作ることです。

売却のベストのタイミングに
巡りあうことなんて
そうそうありません。

例えば
株価が20%上がったら売る

保有している銘柄の
過去の最大高値を超えたら売るなどの

具体的な自分のルールを持ちましょう。

取っ払い的な利益よりも
先を見据えた長い目で
投資を考えていきましょう。

 

株はリスクと隣り合わせ!リスク管理を

株式投資と聞くと
何やらリスクの大きさだけが
目につきます。
株に腰が引けてしまう
こともあると思います。

なので株式投資においては
リスク管理が重要なのです。

万が一相場が下落して
損失になっても
自分自身が耐えることのできる
損失額を想定しておくというのは
大事なリスク管理だと思います。 

投資の予算や損失の許容度は
人それぞれでしょう。 

資金的にそして精神的に耐えられる
金額はどのくらいなのか
そしてその金額内に
リスクを
おさめるためには
どうすればいいのか
を考えたほうがよいでしょう。

定期的に資産比率をチェックし
ずれた比率を元に戻す
リバランスもリスク管理には有効です。 

何でリバランスが大事かというと
いつの間にか大きなリスクを
とってしまっていたり

期待できるリターンが
小さくなっていたりすること
を見直せるからですね。 

株で一発逆転?答えはNO!安定した長期投資を

株で一発逆転を狙っている人は
短期間ですぐ儲けたいと思ってますよね。

そういう人は
自分がとっても問題ないリスクを
大きく上回るポジション
を取ってしまいます。 

それは裏を返すと
損失もその分多くなるということ。 

一発逆転を狙う人は
資産がほとんど無いか
ヘタしたら借金のある人です。 

負けられないプレッシャーが大きくなって
さらに負けやすいマインドになります。
絶対にやめておきましょう。

唯一の逆転策は
まず、運用額を減らし
初心に帰って長期投資を行うことです。

毎月コツコツと買っていく方法は
リスクの分散につながります。
ドルコスト平均法というやつですね。
結果的に安定した運用ができます。

毎年利益を上げ続けなければならない
という強迫観念から解放され
長いスパンでの利益追求に
専念できるのも魅力です。 

長期投資によって
企業の成長とともに投資家として
利益の果実を回収できることを
目指していきましょう。 

Sponsored Links

株のチャートで売買のタイミングを

チャートはいろいろなことを
教えてくれます。

例えば
移動平均線が株価より上にあれば
今まで投資していた人たちは
殆どの人が儲かっています。 

逆に移動平均線が株価より下にあれば
殆どの人達が損をしている状態です。 

シンプルに移動平均線を見るだけ
投資家の状況や今後どのように動くかを
知ることができます。 

株はオークションのようなもの。
チャートには投資家たちによる
売買の様々な心理的工房が詰まっています。
ぜひ、チャートを活用していきましょう。 

株は決算書で業績を把握する

株式会社の決算書には
株式に関する重要な情報が
たくさんあります。 

初心者の方は
決算書の読み方がわからない
という方もいると思うので
ポイントを解説します。 

将来の経営状況の予測には
当期分の決算書だけでなく
前期・前前期の決算書まで
さかのぼって把握しましょう。

決算書は大きく分けて3つ。

貸借対照表
損益計算書
キャッシュフロー計算書
があります。 

貸借対照表には
資産・負債・自己資本の3つ
の情報が載っています。

主に企業の財政状況や安全性のチェック
ができます。

資産に対して
自己資本の比率が高い場合は
財政状況は悪く無いだろう

判断できます。 

損益計算書には
利益・損失の2つの情報が
載っています。 

該当する期間の企業の儲け
チェックすることが可能です。
 
当期の損益計算書だけでは将来を予測する
ことが難しいので前期前々期まで
遡る必要があります。 

キャッシュフロー計算書は現金の流れ
つまり使途や収入が載っています。 

営業活動によるキャッシュ・フローは
その会社の本業によるお金の流れ
表すので一番大事になりますね。

この3つを押さえ、決算書を読み込み
チャートだけでなく企業の状況から
将来の予想を立てることができます。 

株式投資で成功したいなら
絶対決算書に目を通すべきですね。

 

Sponsored Links



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

murata.kazu

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株のローソク足のパターンを一覧で紹介!

  • 株の出来高!チャートの見方をわかりやすく解説!

  • 株のアルゴリズム取引とは?個人でも使える証券会社も紹介!

  • 自社株買いのデメリットは無い!?株価の動きはどうなる?

  • 株を買うならANAがおすすめ! 優待の内訳は?

  • 株って本当に危険なの?気をつける5つのポイントとは?