1. TOP
  2. 株 初心者
  3. 株の動きの見方とは?翻弄されないための3つの指標

株の動きの見方とは?翻弄されないための3つの指標

 2016/03/03 株 初心者 株 売買取引
  1,590 Views

ネット証券に口座を開いて入金が済んだら
いよいよ株式投資を始めることができます。

ネット証券のwebページには
銘柄を選ぶ助けとなる様々な情報が
ありますが…

業績やニュースなどは何となく
わかったとしても

株の動き、つまりチャートなどになると
それが何を意味しているのか
わからなくなる人も多いのでは?

そんなあなたのために
株の動きの見方について
まとめました。

Sponsored Links

株の売買に必要な指針!チャートの見方

株式投資で勝つためには
割安なところで買って
なるべく高く売ることが必要ですね。

ただ、株価を見ただけでは
その株価が高いのか低いのか
わからないですよね。

それを知るためには
過去との比較が必要になります。

そこで一日や一週間、一ヶ月単位で
株価をグラフにして
動きを見やすくしたものを
チャートといいます。

株の動きはチャートで判断します。

あくまでも過去の値動きの記録ですが
そこには今後の株価の動きを予想して
売買のタイミングをはかるのに
たくさんのヒントが詰まっているのです!

チャートは過去の偉大な投資家たちの
心理が如実に現れています。

「その時々で投資家たちが
どう考えて買ったり売ったりしたのか?」

チャートをみることによって
過去のケースがわかれば

自分の取引に生かせますよね。

チャートを読めることが
勝ち組投資家への登竜門です。

ローソク足で株の動きのパターンがわかる!?

株価チャートは下の図のグラフのように
株価の推移を表したものです。

特別なノウハウや分析法などを
使ったりしなくても

株価が上がってきているなーとか

乱高下してるな・・・

くらいは理解できるのでは
ないでしょうか。

また、通常は株価チャートの下に
出来高の推移が棒グラフで
表示されています。

出来高についても後ほど
説明していきますね。

さて、この株価チャートをよく見ると
ローソクのような形のものが並んでいます。

これを「ローソク足」といいます。

このローソク足一本で
一日の値動きを示しているんです。

白のローソク足のことを
「陽線」

黒のローソク足のことを
「陰線」といいます。

色は各証券会社のサイトで違っています。
例えばマネックス証券のツールで見ると
色は変えられますよ。

だいたい陽線は白か赤
陰線は黒か青が多いみたいですね。

ローソク足は「胴体」の部分があって
その上下に「ひげ」が伸びる形になってます。

陽線(白のローソク足)の場合
胴体の下辺がその日の始値
上辺がその日の終値となっていて

始値から終値にかけて
上昇している動きを示しています。

陰線(黒のローソク足)の場合
上辺がその日の始値
下辺がその日の終値になっており

始値から終値にかけて
下落している動きを示しています。

陽線の見方と逆になりますね。

ひげの見方はどちらも同じです。
上のひげの先端が高値
下のひげの先端が安値を指します。

じゃあ陽線と陰線はどう使い分けるの?
と思った人もいるでしょう。

始値より上昇して終わった時は「陽線」
始値より下落して終わった時は「陰線」
と決まっています。

ローソク足についての記事はコチラ!
⇒株のローソク足のパターンを一覧で!

 

Sponsored Links

株のチャート!移動平均線の見方は?

ローソク足に寄り添うように緩やかな線を
描いているグラフを移動平均線といいます。

株価の動きを平均化して
大まかな株価のトレンドを示した線です。

5日移動平均線や13日移動平均線など
様々な期間のものがあります。

株価は毎日のように上下動します。
移動平均線は一定期間の平均値を
結んだ線になるので

この毎日の動きをならして
なめらかな動きになります。

そして
この線の向きが株価のトレンドを示します。

上昇トレンドの特徴として

1.移動平均線が上を向いている

2.株価が移動平均線より上にある

下降トレンドの特徴として
1.移動平均線が下を向いている

2.株価が移動平均線より下にある
事が挙げられます。

 

移動平均線についての記事はコチラ!
⇒株の移動平均線の見方とは?チャート分析の方法

 

株の動きと出来高の関係は?

出来高とは
取引ができた(成立した)
株数のことをいい

株価チャートでは
棒グラフで表されます。

出来高が多いということは
取引が活発に行われたということ。

出来高のもつ意味は
状況によって異なります。

出来高が急増したからといって
必ずしも儲かっているわけではありません。

この銘柄がこれからエネルギッシュに
動く幕開けである場合と

これから下降に入る前の
最後の大爆発である場合がどちらかの
可能性があります。

相場をよく見極めてから
取引を進めていきましょう。

出来高についての記事はコチラ!
⇒株の出来高!チャートの見方をわかりやすく解説!
⇒株の価格を出来高の推移から予測する方法!

まとめ

株の動きを見るのには
株価チャートを読むのが一番です。

株価チャートは売買タイミングを探る上で
大きな威力を発揮します。

今回ご紹介したローソク足や
移動平均線、出来高はチャートを読む上で
不可欠の基礎的な部分です。

ぜひ使い方を覚えていきましょうね。

 

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

murata.kazu

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株のPERやPBRって?取引で勝つ為の3つの視点を紹介

  • 株のノートのつけ方!勝つ人が絶対やっている記録法とは

  • 株の約定の順番はどうなってる?

  • 昼休みに始めよう!公務員が株で成功する3つのポイント!

  • 株の移管をしたい!日数はどれくらいかかるの?

  • 株とギャンブルの違いとは?知っておきたい3つのポイント!