1. TOP
  2. 株の副業は会社にバレる?バレない為に気をつける約束とは?

株の副業は会社にバレる?バレない為に気をつける約束とは?

 2016/02/15 株 確定申告 株 税金
  25,843 Views

 

 

給料の賃上げがあまりいいペースで
進んでいるとは言えない昨今。

「もっと生活資金を増やしたい…」
「未来のためにお金が必要!」
という方は多いのではないかと思います。

 

そんな中、注目されるのが株式投資。
今は積み立て投資や投資信託、NISAなど
一般の方にとっても馴染み深いものに
なってきているのではないでしょうか。

 

が、お勤めされている方にとって

「うちの会社は副業禁止なのに、
株式投資をして大丈夫なのか?」
「そもそも株式投資は副業とみなされるのか?」
「株で得た利益って会社にバレるのか?」

…などなど、
株式投資を始めるにあたって
悩みの種は尽きないのでは?

更にお金を稼ぐために株式投資を始めたのに、
余計なトラブルが起きてしまうことは避けたいですよね。

 

そこで今回の記事では、
株式投資と副業の関係性について
詳しくまとめてみました!

Sponsored Links

確定申告の方法でバレるかが決まる! 確定申告

「株式投資で利益を出すと会社にバレるのか?」
という疑問に対しての答えは、
「確定申告の方法によって決まる」ということです。

副業の確定申告に関わってくるのは「所得税」「住民税」なので、
この2つを会社にバレないように報告できればOKというわけです。

 

住民税を自分で支払うための「住民税の申告」は
各市区町村にご自身で行って
申請していただければ問題ないのですが、
株式投資において気になるのは「所得税」について。

確定申告はご存知の通り、
所得税を税務署に報告するものですが、
当然株式投資などで得た利益についても
所得税はかかりますので、
これについても確定申告を行う必要があります。

具体的には株式投資含む、
本業以外の収入が20万を超えるかどうか、
という点で確定申告を行う必要性が変わってきます。

 

では、どうやって株で発生した利益を
確定申告で報告すればよいか。

それについては株の口座を開設する際に出てくる
「普通口座」と「特別講座」の違いを
理解しておく必要があります。

 

口座は普通口座?特定口座?

投資を行う場合、
普通口座と特定口座のどちらを選べばいいか、
ということを気になる方は多いかと思います。

0215_img

 

さらに特定口座は「源泉徴収あり」か
「源泉徴収なし」のタイプに分けられますから、
口座の種類はまとめると3種類あることになります。

「普通口座(一般口座)」
「特定口座(源泉徴収あり)」
「特定口座(源泉徴収なし)」

 

早速この3口座の違いについて見ていきましょう。
確定申告を行う場合、
普通口座は利益を得た場合、
自分で売買損益を計算し、
確定申告を行う必要があります。

これに対し特定口座での確定申告は、
「特定口座(源泉徴収あり)」の場合
→確定申告は必要なく、証券会社が代理でその業務を行ってくれます。
「特定口座(源泉徴収なし)」の場合
→年間の売却益が20万円を超えた場合に自分で確定申告を行う必要がある、
という両者間の違いがあります。

 

源泉徴収はあり?なし?

以上のことを簡単にまとめてみると、
・普通口座(一般口座)    ・・・自分で損益計算の必要あり、確定申告を行う必要あり
・特定口座(源泉徴収あり)・・・自分で損益計算の必要なし、確定申告を行う必要なし
・特定口座(源泉徴収なし)・・・年間の売却益が20万円を超えた場合、確定申告を行う必要あり

ということになります。

 

これをふまえて投資を行う場合、
どの口座を選べばいいのか?
ということを考えると、

誰の目にとっても
「特定口座(源泉徴収あり)」を選ぶことが
ベストなのではないかと思われます。
上の比較を見ても分かる通り、面倒なプロセスがないですよね。

 

年間20万円以下の売却益の場合は
特定口座(源泉徴収なし)を
選んだ方がメリットもあるのですが、

それも微々たるものなので
源泉徴収はありの方がオススメです。
(実際私もそうしていますし、
源泉徴収なしを選んだ人は
あまり聞いたことがありません)

 

特定口座を選ぶことによって、
証券会社が税金に関する処理をしてくれるので
会社にバレる心配もないということです。

Sponsored Links

そもそも株は副業とみなされる?

これまでは株で出た利益がバレないようにする、
という旨のことを書いてきましたが、
そもそも株式投資は副業としてみなされるのでしょうか?

 

ズバリ一言で言うと、
株は副業としてはみなされません。

株式投資はあくまでも資産運用の一環であり、
その面で言えば預金や投資信託などと
変わりないものです。

投資ファンドを作って
マネーを費やす…となったら話は別ですが、
個人レベルで投資を行うぶんには、
「株式投資は副業ではない」
といって間違いないでしょう。

 

配当金は副業にあたる?

上で株は副業にはみなされない、と書きましたが、
「株式投資で得た利益(=キャピタルゲイン)」
「株式投資の配当で得た利益(=インカムゲイン)」とも
副業にはあたりません。

 

 

…と、株と副業の関係についてまとめてきましたが、
いかがだったでしょうか。
少し長くなってしまいましたが、
「確定申告の際に会社にバレないようにするためにも、口座を開くなら特定口座で!」
「株式投資は副業にみなされない!」
というのが今回のまとめです!

これで本業の傍ら株式投資を始めてみよう!
という気になっていただけたら幸いです。
最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

Sponsored Links

 



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

サラリーマン投資道場編集部

サラリーマン投資道場編集部

私たちサラリーマン投資道場編集部は
サラリーマンで30〜40代の3人チームです。

株で儲けてみたいけどなかなか始め方がわからないと言う
初心者の方にもわかりやすく情報をお届けしたいと思っております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株売買での所得税はいくらかかるの?税金のしくみ

  • 株の税金対策で損切りすると安くなる!そのしくみとは?

  • 株はいくらから買える?初心者が知るべき3つのポイント!

  • 株の税金の申告漏れが問題に!そんな時どうする?

  • 株の損切りで税金が安くなる?特定口座の場合

  • サラリーマンの株式投資は確定申告の必要はない?特定口座の選択を