1. TOP
  2. 株 初心者
  3. 株のPERやPBRって?取引で勝つ為の3つの視点を紹介

株のPERやPBRって?取引で勝つ為の3つの視点を紹介

 

 

 

 

株式投資を行う際に、
絶対に必要になる考えが
“指標から見た割安さ”。

特に中~長期投資では
この”割安さ”というのは
かなり重要なものになります。

その”割安さ”を簡単に
知るための指標としてあるのが
『PER』そして『PBR』

 

今回の記事では
PER、PBRって何?
ということから始め、

そういった指標を使って
株で利益をとっていくために
重要なポイント3つを紹介します!

Sponsored Links

 

株のPERやPBRとはそもそも何?

PER,PBR…

なんだかよく分からない
この2つのアルファベット、
一体どんな意味なのでしょうか?

 

まずは言葉の定義から
見ていくことにしましょう。

・PER
株価“収益率”のこと。

株価 ÷ 1株あたり利益、
または時価総額 ÷ 純利益で表される。

 

・PBR
株価“純資産倍率”のこと。

株価 ÷ 1株あたり純資産
または時価総額 ÷ 純資産で表される。

 

ここまで見ても
一体なんのこっちゃ…と言う方も
おられるかもしれませんが、

基本的には
「PER、PBRの値が低いほど割安」
「PER、PBRの値が低いほどお買い得」
と最初は考えてもらうと
分かりやすいと思います。

 

「最初は」と書いたのは
当然例外も存在するためです。

単にPERやPBRの値が低いから買い!
というのではなく、

業種によって平均PER,PBRは
異なったり、

同業他社のPER、PBRと
比較してみたりする必要などが
あるということです。

 

PER、PBRを使って勝つ!まずはランキングで確認

まずは早速このPER、PBRを
Yahoo!ファイナンスの
ランキングを使って
見てみることにしましょう!

 

低PERランキング(会社予想)はこちら

低PBR(実績)ランキングはこちら

 

先ほどの復習を兼ねて、
チェックすべき3つのポイントを
挙げておくと、

①PER,PBRは低い方が割安、お買い得
②PER,PBRが低いからといって
 単純に買いというわけではない
③市場平均、業種別平均、
 同業他社のPER,PBRとの比較が大事

ということです。

 

②の例として、
この記事作成時の3月26日、
低PBRランキングには
高知銀行、愛知銀行などの
いわゆる”地銀”が
名を連ねていますが、

銀行株全体が低い
PBR水準にあるため、
簡単に買いとは
言えないというわけですね。

Sponsored Links

PER、PBRの平均と乖離している銘柄を見つける

次は、上の③に書いた
「市場平均、業種別平均、
同業他社のPER,PBRとの比較が大事」
ということについて
詳しく見ていきましょう。

平均PER,PBRより安い
銘柄を調べて見つけることにより
長い視点で見て
利益を挙げられるようになります。

 

代表的な平均PER,PBRとして
①日経平均PER,PBR
②業種別平均PER,PBR
がありますので、

この二点については
絶対に知っておきましょう。

 

日経平均適正株価 (日経平均PER PBR)を見る!

規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧
(JPX 日本取引所グループ)

 

自分が買いたいと思っている
個別銘柄のPER,PBRと、
こういった平均PER,PBRを
比べてみて、
平均値を下回っている
(つまりお買い得な数値)
なのであれば、

買いを入れることにより
利益を挙げられる可能性が
非常に高くなります。

 

平均値とのかい離を
見つけることによって、
まだ評価されていない
お宝銘柄を探す、
という感じですね。

 

スクリーニングで買い時を判断!

上の平均PER,PBRとの比較に加え
スクリーニングで買い時を
判断することは、
とても大事なことです。

銘柄スクリーング
(Yahoo!ファイナンス)

“スクリーニング”とは
選別すること、という意味で
買いたい銘柄を
数値や業種によって
ふるい分けるということです。

まずはご自分で上のページの
スクリーニングを使い、
銘柄選定に慣れることによって

段々と買い時が
分かってくるかと思います。

 

まとめ

PER,PBRの基本的な
ポイント3点として、

①PER,PBRは低い方が割安、お買い得
②PER,PBRが低いからといって
 単純に買いというわけではない
③市場平均、業種別平均、
 同業他社のPER,PBRとの比較が大事

ということ。

 

また、スクリーニングをすることにより
更なる銘柄選定の目を
鍛えることが出来る!

 

こういったことを、
まずはご自身で意識し試行錯誤しながら
投資に活かしてみてください!

Sponsored Links

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

サラリーマン投資道場編集部

サラリーマン投資道場編集部

私たちサラリーマン投資道場編集部は
サラリーマンで30〜40代の3人チームです。

株で儲けてみたいけどなかなか始め方がわからないと言う
初心者の方にもわかりやすく情報をお届けしたいと思っております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株で借金しない仕組みとは?

  • 株の移管をしたい!日数はどれくらいかかるの?

  • 株の初心者が失敗するたった3つの典型的なパターンとは?

  • 公務員の株取引は副業禁止じゃない?

  • 株のローソク足のパターンを一覧で紹介!

  • 株の初心者は必見!スタートの資金はいくら必要?