1. TOP
  2. 未分類
  3. 株のルールの作り方!知らないとヤバい重要なことは?

株のルールの作り方!知らないとヤバい重要なことは?

 2016/03/28 未分類 株 初心者
  5,481 Views

 

株式投資を行っていくうえで
絶対に必要になってくるのが「ルールの設定」。

これが出来ないと、
感情的になってしまい
無駄なトレードが増え、
利益を積んでいくことも
難しくなってしまいます。

 

しかし「ルールの設定」と言っても
その決め方は無限にあり、
具体的にどう考えていけばいいか
よく分からない方も多いのでは。

そこで今回の記事では、
株のルールの作りかたについて、
はじめからていねいに
具体的なプロセスのひとつを
解説していきたいと思います!

Sponsored Links

株のルールの作り方は? まずは損切りを徹底!

まず、株式投資において
最も重要なことは
「退場をしないこと」。

つまり相場に
生き残り続けることです。

 

このためには
当然損をし続けないこと、
すなわちトータルでは
利益が損を上回ることが
とても大事になってきます。

そこでまずルールの
最も守るべき要素として、
「損切りを徹底すること」
を意識してください。

損切りについては、
こちらの記事でも
詳しく解説しています。
私の株の損切りルールを公開します!のページへ

 

ご自分で勉強されている方なら
既に分かっているとも思いますが、
どの本を見ても書いてあるのが
この損切りを守ること。

例えばある銘柄を上がると読んで、
100円で買ったときに、
100円で逆指値で売りを入れておけば
手数料分しか損をしないわけです。

 

最初は損をすることも
多いかとは思いますが、
勝つ形だけでなく、
負ける場合の形も
重要視していってください。

損切りと利益確定が何より大事!

次に大事なのが利益確定。
「損切りに利確って…
そんなの当たり前でしょ」
という方も多いかとは思いますが、

これが出来ていれば
ほぼトレードでは
負けないわけです。

言うは易し、行うは難しというやつですね。

 

基本的には「損小利大」
損を小さく、利益を大きく
ということを守っていき、

エントリーポイント
(買いに入るタイミング)を
精査し続けていくことで、
利益確定もしやすくなります。

 

ここまでの情報を
簡単にまとめてみると、

①まずは「損切り」のポイントを徹底!
②次に「利益確定」のポイントを徹底!
③反省・改善を踏まえ
 エントリーポイントの精査

が大事ということです。

文字にすれば簡単ですが、
意外と奥が深く
自分で調査してみると面白いですよ。

Sponsored Links

トレードの方法によってルールの作り方は異なる!

さて、上に述べたように
損切りと利益確定は
どんなトレードにおいても
重要なことなのですが、

そのポイントというのは
トレードの方法によって
変わってくると
個人的には思います。

「スキャルピング」
「デイトレード」
「スイングトレード」
「中長期トレード」
…などなど、
多くの時間軸でのトレードが
存在しますが、

 

今回は
「デイトレード」と
「スイングトレード」の
具体的なルールの作り方について
一例を紹介したいと思います。

 

デイトレードでのルールの作り方

デイトレードというのは
基本的に短い時間軸を見て
行うものですから、

ルールを決めるために
見るテクニカル指標も
短期スパンのものが
多くなってきます。

どんな指標を参考にしていくか、
というのは個々人のルールによって
変わると思いますが、

個人的にデイトレードで
特に重視してほしいのは
・5日移動平均線
・出来高
ですね。

 

例えばこれは
この記事作成時(3月28日)の
3853インフォテリアの
日足ですが、

0328_img1

黄色の矢印で示される
5日平均線ブレークかつ
出来高急増のポイントは

エントリーするところとして
最適なのではと思います。

 

また、過去のチャートから
「翌日は大体これくらいの値幅が出そう」
というのを想定し、
損切りと利益確定の値段を
決めることによって、

ある程度ご自分で
予測が出来ますよね。

あとはその予測を
結果と照らし合わせ検証し、
改善点を洗い出して
その手法を磨いていくのです。

 

スイングトレードでのルールの作り方

スイングトレードでの
ルールの作り方については、
上に述べたデイトレードの
ルールの作り方よりは、

長い時間軸を考慮した
材料・テクニカルを
考えることが
必要になってきます。

 

たとえば
・その銘柄は長い息を保ちそうなテーマか?
 (最近で言えば人工知能・仮想通貨など)
・25日移動平均線も考慮して
 ゴールデンクロス、デッドクロスを
 意識してみる
などですね。

 

長い息を保ちそうなテーマ、
と書きましたが、
デイトレードの例に挙げた
インフォテリアは
「仮想通貨」関連銘柄の
ひとつであり、

初動を掴めると
利益をかなり大きく
とれたことが
チャートから分かるかと思います。

 

どんなルールを使えばいいか?
ということは、
ご自身の好きなテクニカルや
自分で思ったことを
どんどん試行錯誤していくのが
勝ちへの一番の近道です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

これまでの内容を
簡潔にまとめてみると、

まずはルールの設定において
①まずは「損切り」のポイントを徹底!
②次に「利益確定」のポイントを徹底!
③反省・改善を踏まえ
 エントリーポイントの精査
を大事に!

そして各トレードの
時間軸にあった材料・テクニカルを
その判断の根拠にする!

ということです。

 

どんどん予測と検証の精度を
高めていくことによって、
トレードの勝率も
上がっていきますので、

ぜひご自身で
調査してみて下さい!

それではここまで読んでいただき
ありがとうございました!

Sponsored Links

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

サラリーマン投資道場の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サラリーマン投資道場の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

サラリーマン投資道場編集部

サラリーマン投資道場編集部

私たちサラリーマン投資道場編集部は
サラリーマンで30〜40代の3人チームです。

株で儲けてみたいけどなかなか始め方がわからないと言う
初心者の方にもわかりやすく情報をお届けしたいと思っております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


関連記事

  • 株はいくらから買える?初心者が知るべき3つのポイント!

  • 副業で株をされている方の確定申告

  • 昼休みに始めよう!公務員が株で成功する3つのポイント!

  • 株の損切りの目安は何%?損を防ぐための3つのポイント!

  • 株式分割は株価下落の予兆!?

  • 初心者が株取引の知識を身につけるには入門書から読む